2014年10月31日

4.12 信頼性の高いボリュームを作成する 三


6 仮想ディスクのサイズを指定する。プロピジョニングとして[最小限]を選択してあるため、物理ディスクの容量に関わらず大容量の仮想ディスクが作成できる。今回は10TBのディスクを作成する。[次へ]をクリックする。
7 内容を確認したら[作成]をクリックする。
8 仮想ディスクが作成されたら、[閉じる]をクリックする。あとは通常どおりボリュームを作成すればよい。
  ●[このウィザードを閉じるときにボリュームを作成します]チェックボックスをオンにしておくと、この後、[新しいボリュームウィザード]が起動する。








関連記事:







Posted by server goodkey at 12:37│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリ
最近のコメント
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
server goodkey