2014年10月22日

4.3 ボリュームをフォーマットするには(5)


コラム:アロケーションユニットとは
  最も顕著な問題が、アロケーションユニットサイズが小さすぎる場合、ディスクのアクセス速度が低下するという問題です。
  前述のように、ファイルが記録される場合、アロケーションユニットサイズごとに分割されて管理されます。たとえば1MBのファイルは、アロケーションユニットサイズが1KBの場合には約lOOO個のアロケーションユニットにより管理されます。一方、アロケーションユニットサイズが10KBであればアロケーションユニット数は100個となります。ファイルサイズは同じでも、後者のほうが管理しなければならない情報は1/10となるため、その分、windows server ダウンロード版ファイルに対する処理は短時間で終了します。
  つまり、大きなサイズのファイルを少数記録する場合にはアロケーションユニットサイズが大きいほうが有利であり、小さなサイズのファイルを大量に記録する場合にはアロケーションユニットサイズは小さいほうが有利ということになります。
  とはいえ、アロケーションユニットサイズはボリュームごとに固定ですから、最適な値がいくつかを決めるのはなかなか難しい問題です。通常の用途であれば「システムの既定値」のttにしておくのが適切でしょう。





関連記事:







Posted by server goodkey at 14:34│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリ
最近のコメント
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
server goodkey