2014年10月31日

4.12 信頼性の高いボリュームを作成する 三


6 仮想ディスクのサイズを指定する。プロピジョニングとして[最小限]を選択してあるため、物理ディスクの容量に関わらず大容量の仮想ディスクが作成できる。今回は10TBのディスクを作成する。[次へ]をクリックする。
7 内容を確認したら[作成]をクリックする。
8 仮想ディスクが作成されたら、[閉じる]をクリックする。あとは通常どおりボリュームを作成すればよい。
  ●[このウィザードを閉じるときにボリュームを作成します]チェックボックスをオンにしておくと、この後、[新しいボリュームウィザード]が起動する。








関連記事:




  


Posted by server goodkey at 12:37Comments(0)

2014年10月22日

4.3 ボリュームをフォーマットするには(5)


コラム:アロケーションユニットとは
  最も顕著な問題が、アロケーションユニットサイズが小さすぎる場合、ディスクのアクセス速度が低下するという問題です。
  前述のように、ファイルが記録される場合、アロケーションユニットサイズごとに分割されて管理されます。たとえば1MBのファイルは、アロケーションユニットサイズが1KBの場合には約lOOO個のアロケーションユニットにより管理されます。一方、アロケーションユニットサイズが10KBであればアロケーションユニット数は100個となります。ファイルサイズは同じでも、後者のほうが管理しなければならない情報は1/10となるため、その分、windows server ダウンロード版ファイルに対する処理は短時間で終了します。
  つまり、大きなサイズのファイルを少数記録する場合にはアロケーションユニットサイズが大きいほうが有利であり、小さなサイズのファイルを大量に記録する場合にはアロケーションユニットサイズは小さいほうが有利ということになります。
  とはいえ、アロケーションユニットサイズはボリュームごとに固定ですから、最適な値がいくつかを決めるのはなかなか難しい問題です。通常の用途であれば「システムの既定値」のttにしておくのが適切でしょう。





関連記事:




  


Posted by server goodkey at 14:34Comments(0)
< 2014年10月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
最近のコメント
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
server goodkey